僕達のもう一つのプロジェクト”X”
ホットカーラー開発物語 (第1巻第2号) 
●”三人寄れば文殊の知恵”
ホットカーラー”という名前はあとで発売間際になって、カタログに書く商品名が必要だというので、命名されたのだが、はじめは何か”インスタントという言葉が流行っていてインスタント・カーラーとかいう開発テーマだったように記憶している。そこでこのテーマを始めるにあたって、僕の助手が2名動員された。一人は新入社員だが大阪大学工学部出身の若手ホープN君。(その頃、国立3強から殆どM電工に入ってくる人はまれだった)もう一人も若手だが中卒で入社したのち仕事と二刀流で高校も卒業したという三人の中ではまことに技能経験豊富で心強いメンバーK君だった。

課題のインスタントカーラーを開発するには、先ず敵を知らねばならない。即ちアミカーラーで髪にカールをつけるとはどういうことなのか。そして早くカールをつけるにはどうすれば良いか、などいろいろ調べた結果、カールの大きさに合った直径のローラーに髪を巻き、熱を与えると良いことがわかった。
でもどういう方法でローラーを熱くするか、勿論電線で電気をローラーに供給し、ヒーターで熱すれば良いのだが、それでは電源コードがローラーの数だけ必要になり、身動きが取れなくなってしまう。だから、ローラーはコードレスにして、しかもカールを付けるに十分な熱エネルギーを持っていなければならない。しかも温度は髪を傷めない60度以下に保たねばならないのである。

最初に思いついたのは実験室にあった半田ゴテをつぶし、ヒーターだけを取り出して小さなアルミ缶の中に納め、テーブルタップのような専用スタンドを作って、これを差しこんでヒーターを温め、髪にアミカーラーを巻き、アミカーラーの横穴からこのアルミ缶を装着して余熱でカールをつけるというものであった。そこで毛束にアミカラーを巻き、熱したヒーターを差しこんでしばらく放置してから外すと何となくカールがつく。これはいけるというので、大中取り揃え、数も一人分セットできるほどの試作品をつくり初の実用テストを社内で行うことになった。

 出来映えを専門的に評価して頂く狙いも含めて、近くの千林で美容室を営む本職の美容師さんに来ていただき、希少価値高かった女子社員に協力を願って、社内の特別実験室で初のセット実験をにぎにぎしく、幹部立会いのもと挙行したのだが、結果は無残にもカール力不充分となり充分なカールを得るにはヒータ−を数回づつ再加熱しなければならないと判定された。実験に協力してくれた女子社員は立会い美容師さんにドライヤーで格好良くセットしていただき、事無きを得た。

●”ハイテク”<凝固選熱>でカール成功。 
カーラーの熱量アップ作戦「第一弾」は”真夏の砂浜作戦”で、これはヒーターとアルミボビンの隙間に砂をつめ、裸のアルミボビンでは指がやけどするので、表面にフロッキー加工を施し、これに髪を直接巻くというものであったが、数が多くなると頭頂部が漬物石を乗せたように重く首を支えるのがやっとという状態で、これではカールがついても商品にならないということになり、遂にこれも断念した。でもこの失敗の中からもローラーは弾力性が必要不可欠と考えていたが、直巻き方式でも商品化できそうなことがわかった。今日でもホットカーラーはカーラーに髪を直巻きする方式を採用している。

 ローラーの軽量化と熱量最大化。この相反する要求を満たす最初の解は国立大工学部卒のN君の熱力学理論から導かれた凝固潜熱を利用することにより見事、解決された。しかし、ステアリン酸などの高温になると溶けるこの種の物質は極小さな隙間からも漏れ出す。これをプラスチック容器に密閉するには摩擦圧接などの加工技術を開発する必要があった。後にアルミボビンに代わるのだが、第一号カーラーは60度くらいで液状になったり固体になったりするパラフィン系の材料をPP樹脂のローラーに封入し、これを湯で温めて使う湿式ホットカーラーであった。

 試作品一式が完成し、金型投資を決心するまで丸二年、今考えると当時の幹部は僕達を辛抱して見守ってくれたのか、あきらめて放置していたのか。でも、この経験こそ、間違いなくわれわれが次々と世界初商品を世に送り出す源泉になった。これは事実だ。
Consulting & Produce
BELL CREATIONS
since2001
Bell Creations all right reserved